顧客満足度NO.1リフォーム店│杉並区本店リリーフプラス

  • 無料相談
  • 無料見積
  • アフターフォロー
  • Web割引チケット

法人・オーナー様はこちら

楽天リサーチ第1位納得の施工技術No.1 楽天リサーチ第1位任せて安心リフォーム会社 No.1 実査委託先 : 楽天リサーチ
0120-2121-51
メールでのお問い合わせ
外壁塗装30秒クイック査定
0120-2121-51

杉並区・練馬区・世田谷区・西東京市の塗装や総合リフォーム

 
  1. リフォーム専門のリリーフプラス TOP >
  2. 屋根リフォーム
ご自宅の屋根の状態を把握していますか?酷く劣化してからご相談いただくケースが増えています。屋根の種類と素材ごとに
注意点も詳しく説明します!!まずは、屋根の種類を確認しましょう!!
  • 1.コロニアル

    昨今の住宅に最も使用されている屋根材です。 コロニアル(スレート)はセメントと繊維をまぜ合わせた厚さ5mm程度の平たい板です。メーカーによって様々な呼び方があり、化粧スレート・カラーベスト・またはスレート瓦などがあります。
  • 2.和(陶器)瓦

    住宅の屋根でもっともポピュラーな屋根材と言える和(陶器)瓦。耐久性は屋根材の中で一番長持ちする屋根材ですが、重量や耐震性の問題で使用することが減少しています。 注意点としては、リフォームの際は防水紙を必ず新しくしましょう。
  • 3.トタン屋根

    トタン屋根は金属屋根の一種で、正式名称は亜鉛めっき鋼板葺きといいます。 現在主流のスレート屋根などがなかった時代に、材料が安く施工期間も短いため、1950年代の高度経済成長期に多く施工されました。
  • 4.セメント瓦

    和瓦が陶器に対し、セメント瓦はセメント製で、瓦の中では軽量になります。 経年劣化により塗膜の剥がれが進んでしまうと素材のセメントも早く傷んでしまいます。
  • 5.ガルバリウム

    ガルバリウムはセメントで形状した屋根瓦です。耐久性・耐熱性にすぐれており金属素材なので軽量です。 従来のガルバリウムに比べ近年のガルバリウムは改良されていて、防音性や断熱にも優れています。リフォームの際は下地まで腐食しているかもしれませんので使用している鋼板にもよりますが目安は10年となります。
屋根材ごとのリフォーム適正を確認しましょう!!
屋根材ごとのリフォーム適正グラフ
その屋根にふさわしい工事方法を考えます!!屋根材ごとのリフォーム適正を確認しましょう!!
屋根材ごとのリフォーム適正グラフ
最適なメンテナンスをご紹介いたします!! お宅の屋根に合った工事方法を選びましょう!
1.コロニアル、2.和(陶器)瓦、3.トタン屋根、4.セメント瓦の屋根に適した A.塗装工事とは!!
塗装工事とは、既存の屋根を上から塗装するリフォームです。建築後10年経過すると色褪せや塗膜剥離が進んできます。屋根自体に「割れ」「ヒビ割れ」「雨漏り」がない限り塗装工法が可能です。しかし、屋根自体の劣化が進んでいる場合に塗装ができないということもあるのでご注意ください。コストパフォーマンス良く、美観を保つことができます。
中塗りと仕上げ塗りで綺麗に仕上げます! 丁寧な仕事を心掛けております!安心してお任せ下さい!!

実際に使用している屋根材について

塗装工事では実際に下記で
ご説明する塗料を使用しています。
それぞれの塗料によって
特徴が違います!
ご要望にあった塗料を
お選びください。

作業員

A.塗装工事の塗料のご紹介

シリコン塗料とは、一般的にアクリル樹脂にシロキサン結合を持たせた特殊な重合体の塗料の事で、価格と性能、見た目のバランスがとれた塗料です。

  • 1.耐久性、耐熱性に優れている
  • 2.紫外線に強く、防汚・防カビ・防藻性能が高い
  • 3.耐久性と価格のコストパフォーマンスが良い
耐久年数 約10年~13年

塗膜劣化の主な原因は紫外線です。塗膜はその光エネルギーによって分解され、ラジカルを発生します。 このラジカル反応は塗膜内の樹脂を破壊し劣化を促進させます。

ラジカル塗料はこのラジカルを封じ込める「ラジカル制御」技術により塗膜の劣化を抑制して耐候性を高めた塗料です。

  • 1.シリコン塗料よりコストパフォーマンスがよく、効果も高い。
  • 2.色つやが長持ち
  • 3.チョーキング現象が出にくい
耐久年数 約15年

フッ素塗料はフッ素系の合成樹脂を主成分としてる塗料で4つの分類(アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素)の中では一番グレードの高い塗料です。撥水性が高いシリコン塗料は汚れが付きにくいと言われていますが、

フッ素塗料は撥水性ではなく親水性と言って、塗膜の間に水が入ることで汚れを流して落とすのが特徴的です。親水性によって汚れがつきにくい事、耐用年数の長さで注目されている塗料です。

  • 1.価格は高いが耐用年数が長い
  • 2.塗り替えサイクルを長くしたいビルや、橋梁に使われることが多いが、近年は一般住宅でも使用する人が増えた
  • 3.耐熱性・耐寒性・低摩擦性・不燃性・防汚性など数多くの機能を持つ
耐久年数 約20年

遮熱塗料は高日射反射率塗料とも呼ばれ、太陽光のうち近赤外線領域の光線を高反射することにより塗膜ならびに躯体の温度上昇を抑制することのできる塗料です。

建物の屋根、外壁に塗装することで室内温度の上昇を抑制し、室内環境の向上と共に躯体の熱劣化を抑制する効果等の期待から近年注目されるようになってきました。

  • 1.太陽光の熱を反射して、室内の温度を下げる
  • 2.夏は涼しい住空間を作り、省エネ・節電ができる
  • 3.シリコン塗料よりも少しだけ金額が上がるが、耐久性が高い
  • 4.自治体により施工費用の補助あり
耐久年数 約15年

遮熱塗料が熱の原因となる赤外線を反射することにより、表面に受ける赤外線量を減少させ、表面温度の上昇を妨げることが目的の塗料であるのに対し、一方の断熱塗料は、そのような遮熱塗料が持っている特徴は無く、

熱を断つ(遮断する)ことが出来る特徴を持った塗料です。 塗膜表面の温度は時間が経過するにつれ、内部に進行していきます(熱の伝導)。この進行する熱(伝導熱)を、遮断することが出来る塗料が断熱塗料です。

  • 1.高耐久で断熱、遮熱機能を併せ持つ
  • 2.冬暖かく夏涼しい、一年中快適な環境を作る
  • 3.省エネ・節電で環境問題にも易しい
  • 4.高機能・高品質なため、価格が高い
  • 5.自治体により施工費用の補助あり
耐久年数 約13年~15年

塗装工事の工程を見てみましょう!

外壁、屋根以外に木部や軒天、破風板等も一緒に塗る場合は、外壁だけを先行したり、天気によっては軒天に手を付けたりと段取りは日々変わりますが、大まかな工程の基本的な流れとなります。

塗料の種類にもよりますが、2~3回は塗装する必要があります。 基本的には「下塗り」「中塗り」「仕上げ塗り」の3工程になり、乾燥時間や塗料の量などしっかり守って綺麗に仕上がるように塗装していきます。 屋根の割れがあった場合には必ず補修してから工事をしています。

1.コロニアル、2.和(陶器)瓦、3.トタン屋根、4.セメント瓦の屋根に適した A.カバー工法工事とは!!
カバー工法工事とは、
既存屋根に重ねて新しい屋根材を載せる
というリフォームです。二重構造にするという仕組みのため防水性や断熱性が上がり、また廃材が出ないのが特徴です。凹凸の大きさによっては工事が出来ない場合があります。定期的な塗装も減り、
コストパフォーマンスに優れています。
防水・耐熱性アップ メンテナンスも楽で、
丈夫だなんて!!
最高ですね!!

実際に使用している屋根材について

カバー工法工事では実際に下記で
ご説明する屋根材を使用しています。
それぞれの屋根材によって
特徴が違います!
ご要望にあった
屋根材をお選び
ください。

作業員

A.カバー工法工事の屋根材の種類

ガルバリウム鋼板は、ここ5年ほどの間で流行っている、外壁材と屋根材に使用されている金属板です。               

ガルバリウム鋼板は、アルミ55%+亜鉛43.4%+シリコン1.6%でのアルミ亜鉛合金めっき鋼板と呼ばれる物です。屋根に使用される事が多く、新築の屋根と言えばガルバリウム鋼板という位多いのが特徴です。

  • 1.他の屋根材料に比べて非常に軽量です。
  • 2.今のスレート材料のように材料の製造不良等が殆どない 安定した材料です。
耐久年数 約30年

海外では一般的な屋根材の「アスファルトシングル」。他の屋根材にはないメリットがあることから、アスファルトシングル材葺の新築一戸建てを検討している方や、既存の屋根材をアスファルトシングルにリフォームする方も、

日本では建築基準法の改正によって使用することが認められたため、マンションや戸建て住宅の屋根に使われるようになりました。

  • 1.原油の一番重い成分を不燃布に浸透させ、いろいろ保護材を 幾層にした材料。
  • 2.表面は凸凹していますので、ジンカリウム鋼板のように雨音は しない材料になります。価格はガルバリウム鋼板とほぼ同じです。
耐久年数 約25年

カバー工法工事の工程を見てみましょう!

劣化状況が酷いと葺き替えもしくはこちらのカバー工法という工事が有効になります。 当然ながら屋根は外壁に比較して紫外線や風雨にさらされるため劣化の進行が速く進みます。そのため長期的な視野で考えるとカバー工法が経済的になることもございます。

カバー工法工事は既存屋根の撤去が不要になり、外観のイメージを変えることが出来ます。今までの色と変えることで雰囲気が変わってきます。 既存の屋根材の上から被せているため、断熱機能・防水機能が金属製の瓦単品以上の効果が期待できます。

1.コロニアル、3.トタン屋根、5.ガルバリウム、防水屋根に適した C.葺き替え工事とは!!
葺き替え工事とは、
既存の屋根を撤去し新しい屋根材を載せる
というリフォームです。基本的には瓦屋根だった場合に行う工法となります。塗装やカバー工法に比べると費用が多少かかりますが新築同様に生まれ変わります。
弊社では妥協を許さない職人を揃えています。とことん仕上がりにこだわりますので
美観に自信があります。
下地や防水シートも施工時に
しっかり新しく入れ替えます!

実際に使用している屋根材について

葺き替え工事では実際に下記で
ご説明する屋根材を使用しています。
それぞれの屋根材によって
特徴が違います!
ご要望にあった
屋根材をお選び
ください。

作業員

A.葺き替え工事の屋根材の種類

スレートやカラーベストといった呼ばれ方をすることもあります。1㎡あたり重さは約20kgで瓦の3分の1なので、耐震性をアップすることが出来ます。

建物の耐震性が重要視されるようになり、比較的軽量のコロニアルが多く使われるようになりました。現在では一番使用されている屋根材になります。 コロニアルの耐用年数は約30年と長いのが特徴の一つでもあります。 また、コストも抑えられることができ経済面でのメリットもあります。

  • 1.他の屋根材料に比べて非常に軽量です。
  • 2.今のスレート材のように材料の製造不良等が殆どない 安定した材料です。
耐久年数 約10年~12年に1回塗装

従来のガルバ鋼板を超える高い耐久性と遮断・断熱のWパワーで快適な空間を実現しました。 弊社で使用しているスーパーガルテクトは1㎡あたり5kgで、コロニアルに比べ約4分の1、和瓦に比べて

約10分の1と超軽量です。めっきに含まれる亜鉛、アルミニウム、マグネシウムは最もバランスよく機能する組成となっていて、特に厳しい腐食条件下でより優れた耐久性を発揮します。また、一般的なガルバリウム鋼板に比べめっきの付着量が多く、鋼板断面を比較してもめっき層が厚いことがわかります。 このため、鉄をサビから守り高い耐久性を発揮します。

説明イメージ
  • 1.長期に渡り、メンテナンスが不要
  • 2.住宅屋根用化粧スレートに比べると、その差は約マイナス10度。 大きな遮熱効果が発揮されます。
  • 3.超軽量のため、建物にかかる負担が軽減されます。地震時の 「割れ」の心配がありません。
耐久年数 約25年~30年

横暖ルーフは1㎡あたり約5kgの超軽量で、地震の揺れを軽減、耐震性能は約30%もアップします。断熱性能に優れた構造になっていて、遮熱機能付きの塗装高耐食GLめっき鋼板の表面材、

硬質ウレタンフォームの断熱材、丈夫なアルミラミネート加工紙が輻射熱を反射する裏面材の3層構造になっています。夏は涼しく、冬は暖かい、一年を通じて快適な生活環境を実現します。

説明イメージ
  • 1.スーパーガルバリウム鋼板製なので非常に高い耐久性を誇ります。
  • 2.軽量でカバー工事に最適。軽量でも遮音性能・防火性能・ 防水性能・施工性能はバッチリです。
  • 3.優れたデザイン性。豊富なカラーバリエーションで選べる デザイン性も強みです。金属素材とは思えない、質感と立体感の ある仕上がりもメリットです。
耐久年数 約25年~30年

リッジウェイはコロニアルの約2分の1、和瓦の約4分の1と軽量のため建物への負担が少なく、割れ・剥がれによる地震時の落下を低減します。

従来の瓦と比べ工期が短く材料コストも低いため、初期費用が抑えられます。また、メンテナンスなどのランニングコストも低費用で行えます。 柔らかく割れにくい素材なので、落下物などによって屋根材が割れるという心配はありません。また、弾性アスファルト基材が衝撃を吸収するので、雨風の音も軽減します。リッジウェイは、硝子繊維補強されたアスファルト基材が2層構造となっていて、1層目の1部をくし形にカットすることで、2層目が表れるデザインにしてあります。 このデザインが段差を生み、陰影がある重厚感を醸し出します。

説明イメージ
  • 1.美しい。個性豊かで深みのある表情を屋根に与えます。
  • 2.軽い。建物への負担が少なく耐震性に優れています。
  • 3.屋根飛び火試験認定品(DR-0826〈木造〉他)
  • 4.防水性。水分を含まず釘穴シール性にも優れています。
  • 5.耐風性。標準仕様実験(風速38m/s)、強風仕様実験 (風速46m/s)でも浮き剥がれの現象は起きず、 高い耐風性能が実証されています。
  • 6.耐衝撃性能。柔らかく割れにくい素材ですので、踏み歩きや 落下物等によって屋根材が割れるという心配は無用です。
耐久年数 約25年

葺き替え工事の工程を見てみましょう!

屋根の葺き替え工事は、屋根材の劣化が進んできて雨漏りなど屋根材の内部まで劣化が進んでしまった場合の屋根リフォーム工事です。一般的な屋根葺き替えのタイミングは、雨漏りが発生して防水シートや野地板の劣化が進んでしまい塗装工事やカバー工法(重ね葺き工事)で対応できない場合です。

屋根の葺き替えは屋根材とともに下地である野地板や防水シートも全て新しく取り換えるため、屋根の機能が新しくなります。つまり、建物を風から守る機能がよみがえり、家自体の寿命を延ばすことができます。 スレート屋根や金属などの軽い素材の屋根材に取り換えることで、建物への負担が少なくなります。

ご費用について不安がある方も!!ご安心ください!!実際のお値段をお客様の許可を得て
  掲載しております!!
これが実際の事例と掛かった費用です!!これが実際の事例と掛かった費用です!!建物:15坪 価格:¥205,000 (足場代別)建物:20坪 価格:¥275,000 (足場代別)リリーフプラスは費用が明確です!
トラブルを未然に防ぐ、リリーフプラスのお約束 ご契約前に必ず御見積書と工事調査資料をお渡しして確認を行います!!不明点はご納得いただけるまで、
ご説明いたします!!
ここれが実際に使用している御見積書の実物見本です!!・御見積金額 ・工事件名 ・工事場所 ・工事概要 ・工事期間 ・支払条件 ・有効期限 絶対に不安には
させません!!
これが実際に使用している工事調査資料の実物見本です!!徹底的に
調査します!!現状の確認と施工方法を
写真でお客様にご説明いたします。トラブルを未然に防ぐ、リリーフプラスのお約束です。
無料相談 フォーム

リリーフプラスのリフォームメニュー

  • 外壁リフォーム
  • 屋根塗装
  • キッチンリフォーム
  • 浴室リフォーム
  • トイレリフォーム
  • 洗面リフォーム
  • フローリングリフォーム
  • 壁紙リフォーム
  • 室内ドアリフォーム
  • 窓まわりリフォーム
  • 一軒家丸ごとリフォームパック
  • 実際の施工例
店舗名 店舗写真

電話番号

メールでのお問い合わせ(無料)

株式会社リリーフ住宅
リリーフプラス

〒167-0022
東京都杉並区下井草
3-41-5 ドミール下井草1階

電話  03-5303-9611

FAX  03-5303-9612

屋根リフォームについてもっと詳しく知りたい方は下のバナーをクリック 屋根材の種類 屋根リフォームの種類

クイック査定トップ画像

簡単な入力で、すぐに費用を確認できます。
1
2
3
4
5
6

※大凡の費用になります。詳しい費用についてはお問い合わせください。